チャリティグッズのご紹介

  

A SPECIALTY OF MIYAGI

宮城県を知ってもらうポストカードを製作しようとしていた矢先、東日本大震災が発生。自分に出来ることは何なのか、宮城県出身でイラストレーターとして活躍するケン・サイトーさんは考えたと言います。そして、出来たのが「A SPECIALTY OF MIYAGI」です。ケン・サイトーさんが描く親しみやすい作風によって、宮城県の魅力に出会えるポストカードです。宮城県の友人へ、全国の友人へ、宮城県を応援しながらお手紙を送ってみませんか?

価格:1枚150円、7枚セット1,000円
※売上の一部は、ケン・サイトーさんのご協力により、TEPの活動費になります。



仙台牛たん
拡大表示画像を拡大

笹かまぼこ
拡大表示画像を拡大

仙台七夕まつり
拡大表示画像を拡大

宮城伝統こけし
拡大表示画像を拡大

※その他の絵柄は、「仙台城跡」、「松島」、「ずんだ餅」と宮城県の特色満載の7枚です。今後、TEPの活動時にご紹介するコーナーを設けますので、活動にご参加いただき、実物を確認してください!
ご興味のある方は、是非TEPまでメールにてお問い合わせください。
メール

[制作者からのコメント]
自身の郷土に対する変わらぬ愛着と、その魅力を再認識したいという思いから、このポストカード制作に至りました。宮城県を代表する特産品や名物などをテーマに、イラストと文章を合わせて描いています。見て楽しむのはもちろんのこと、対象の簡単な解説(情報)としての側面も持っています。同郷の方やゆかりのある方には、懐かしんだり誰かに紹介するお役に立てていただければ幸いです。また、あまり縁がない方にとっても、新たな発見や興味を抱くきっかけとなれば嬉しく思います。

【作者プロフィール】
 イラストレーター ケン・サイトー
 宮城県仙台市生まれ。 神奈川県川崎市在住。
 フリーのイラストレーターとして主に書籍や雑誌で活動中。
 2011年より“A SPECIALTY OF MIYAGI”POSTCARDを制作・展開中。



つかむにゃん

「つかむにゃん」を買って大船渡のおばちゃんを応援しよう!

岩手県大船渡市の仮設住宅に住む、おばちゃん手芸部の皆さんが作っている可愛い猫たち。
後ろ足をつかむと、前足をひょいと開いて、いろいろなものを挟むことができます。メモスタンド、写真立て、マスコットとしてなど使い方はいろいろ。皆さんの手元に置いて、是非可愛がってください。

※「つかむにゃん」にぴったりな、可愛い生地やリボンの寄付も募集しています。
  生地は1体分30センチ四方くらいです。
※お買い上げいただいたお金は、大船渡のおばちゃんたちへ、商品代、送料、生地の寄付などとして全額お届けします。

価格:1匹 450円



震災絵はがき

活動資金を必要とせずに活動してきた「えぜるプロジェクト」ですが、震災から半年が経過した頃、仮設住宅で暮らす皆さんからいろいろとやりたいことを提案していただくようになったのだそうです。例えば、手芸をしたい、紅葉狩りに行きたいなど。少しは落ち着いてきたのかなと、そんな様子をみて、色々な希望に応えていくためにも活動資金が必要ではないかと考えるようになり、震災絵はがきの製作を決めたのだそうです。

やわらかなタッチで描かれている風景画ではありますが、そこには「震災を忘れないために」という強いメッセージが感じ取れます。

価格:7枚セット500円



東松島町宮戸島月浜
2011年3月下旬

七ヶ浜町コンテナが残る菖蒲田浜
2011年9月上旬

石巻市日和山より
2011年6月

「えぜるプロジェクト」とは・・・
塩竈市の仮設住宅に入られている方の支援を中心に、塩竈市の復旧復興に力を注いでいるボランティア団体です。